快適な地球環境と豊かな文化を造る。測量機器メンテナンスの株式会社ソッキテック

快適な地球環境と豊かな文化を造る 株式会社ソッキテック

GPS衛星情報

CPD/CPDSセミナー情報

セミナーⅠ:i-Constructionは「建設IoT」へと進化する

ieiriryouta


国土交通省の「i-Construction」施策によって、建設業界での本格的な IT (情報通信技術)活用が始まった。生産性向上のポイントは、現実の土木構造物をデジタルデータで再現し、コンピューターの中で設計や施工検討、そして数々の失敗を行い、「ベストプラティクス」を現実の現場に生かすことにある。さらに今後は IoT (モノのインターネット)として進化し、 AI (人工知能)や建設ロボットが頭脳労働や肉体労働も担うようになるだろう。




講師プロフィール
家入 龍太(いえいり りょうた)
IT活用による建設産業の成長戦略を追求する「建設ITジャーナリスト」
【活動内容】
BIM/CIMや情報化施工などの導入により、生産性向上、地球環境保全、国際化といった建設業が抱える経営課題を解決する為の情報を「一歩先の視点」で発信し続ける建設ジャーナリスト。新しい事へのチャレンジを「ほめて伸ばす」のがモットー。公式サイト「建設ITワールド」や日経BP社、Yahoo! ニュースなどで積極的に情報発信を行っている。「年中無休・24時間受け付け」の精神で、建設・IT・経営に関する記事の執筆や講演、コンサルティングなどを行っている。

公式ウェブサイト 建設ITワールド

セミナーⅡ:最新測量機を使用した3次元計測事例

kobayashikonnsarutajima


i-Constructionも3年目に突入し、県など自治体からも発注されるようになり広がりを見せております。その中で平成30年度版の基準では、適用される工種および計測機器がさらに追加されました。その流れに対応すべく、本セミナーでは3次元測量に重点を置き、事例を交えながら計測機器および計測データの特徴から利活用までを解説致します。

講師:株式会社 小林コンサルタント 田嶋 誠司

↑ PAGE TOP